FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

DSC09139.jpg


あまかーない。
最近、友人にtakecomはさー、二言目には「金だよなぁ。」って言われた。まぁ、外れていないかも。

今日仕事でもお金の算段をする。上司に許可を貰うためだ。「これこれこうしたいのだけれど、若干コストが高くつくかもしれない。」、「んじゃ、シミュレーションしてみてレポート出して」計算する事三十分。結果は月間210円未満のコストアップ。しかし、それ以上に労働コストは落ちる。このレポートを見せると、上司は納得してくれた。俺のレポートに費やした三十分て一体....

昨今の介護保険医療保険の改訂は何れもマイナス改訂。ほら、最近病院が潰れる事って有るでしょ?僕らが子供の頃には無かったのだよ。潰れる病院てのは。医療法人は利益のみを追ってはいけないという性質、っていうのが文言としてあるんだけど、だから利益を減らされたら、あとは諸費用を削るしかない。もしくは新規事業で需要のあるものを広げていかないといけない。僕が勤めている法人の性質・性格はともかく、僕はそう思っている。

今日、一緒に働いているスタッフに言われた。「takecomさん、金金言わないでくれ」と。フフ。僕もそんな時期があった。青い。単純なのだ。考え方が。「サービス」という対局にどこか嫌らしくてどこか寂しいモノを「金」という軸として置いている。

もしそれなら。無料でサービスを提供するか?と言われれば、それは出来ない。残業するか?といわれればしない方向で考える。だとしたら、なんなのだ?結局はどっちつかずで、どうしたいかというビジョンも無い。そんなコメントは正直、カチンと来る。

だったら、僕自身はどうか?僕はお金とサービスは対局ではないと思っている。欲しいと思われるサービスを提供して、尚かつ法人にも還元でき、それで自身の給料を頂く。プラスすっと、どうやって自身に意味を付与して、患者さんにサービスを提供して満足させるか。お金とサービスは対局するものではなくてさ。そう、数年前から僕は法人の中でお金とサービスの捉え方を、そういった一連の「流れ」として認識している。

まぁ、愚痴っぽいけど。今日はそんな感じ。
スポンサーサイト



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記




同感です。
サービスとは「無償」という意味ではなく、与える商品及び労働が、相手の思うより20%ぐらい上のものを与えると意味で捉えるものと
解釈しています。
お金の話の出来ない人は、逆に「コスト意識のない人」または、組織的には、「管理能力のない人」というイメージで捉えています。
時間を対価に変える商売では、これは常識であると思います。
しかし、権利収入になると話は別の問題であるはずです。
この問題は必ず「タイムマネージメント」というセルフコントロールに
リンクする課題です。
大変でしょうが、是非、周りの人に根気強く教えてあげ行って下さい。
【2008/05/20 21:20】 URL | 越佐こだわりです #-[ 編集]
どもー♪

>>越佐さん
医療保険て、勝手にサービスの値段て決められないんですよ。
幸せなのか、不幸なのか。

越佐さんてどんなお仕事してるんでしょ~?
コンサルタントとか?
【2008/05/21 18:02】 URL | takecom #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.