FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

DSC03053.jpg


ほんとなのよ。

オカルトは信じないtakecomです。今晩和。そうそう。今朝ね。すんごい夢(?)見たんだよ。金縛りと共に。

今朝のブログの更新は朝の三時ちょい。帰ってから、すこーんと眠りに付く。気付けば、午前一時。眠れるはずもない。ブログとmixiをチェック。特別な事もない。でも、眠くない。んで、朝の三時にブログ更新。

流石にもう寝よう。で、僕は寝る時にここんところ最近思ってる事がある。金縛りだ。金縛りを通して、覚醒している時には知覚出来ない面白い体験が出来る事を最近知った。つっても、一度しかないけどね。心と体は密接に結びついていて、自分でもわからないけれど、ある一定の条件で「金縛り」に会えるようだ。

で、今朝も寝る前に深呼吸して、体の力を抜く。考えない。「考えない」という事も考えない。言葉を消して、自分を早朝の静けさに沈める。

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

ふと気付くと、そこには意識と視覚だけが残っている。体は分からない。探したのかどうかも、実は忘れてしまった。んで、面白かったのは自分が小さくなれたのだ。体が無いのに、小さくなるのが分かる。んー、レンズで言うとズームと広角が一緒になったような。へんな感じ。書いていながら、つたわらねーよーなって思うw この感覚..... どんどん小さくなっていく。と、今度はドンドン視覚が大きくなっていく。アレ?なんだこれ?と、自分の意識と連動している事は分かるの。毛布の繊維の先を見たかと思うと、今度は自分の家がちっちゃく見える....

「あれ?夢だな。」

自覚した瞬間に、金縛りに遭っていた。お、金縛り。うごかねぇ。でも、前とは違う。覚えている。知っているという事からか、前回と違って恐くない。ちなみにこの前の金縛りの体験はこちら。 って、そのまま寝る俺。

不思議な体験。夢っちゃ、夢なのか。

俺の変な体験まとめ。
1.前回もAM3:00あたりで体験。
2.疲れている時に起こる。
3.金縛りが併発する。
4.金縛りだと分かると、金縛りは恐くない。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとだよ。独り言。(-〟ゝ-)ゞ - ジャンル:日記




こえ~よ!
あんたこえ~よ!!!
なんかばちあたりなことしたんじゃない!?
たとえばだれか鞭打ちにしちゃったとか?
【2008/04/09 08:50】 URL | Shim #-[ 編集]
ども^^
俺も1度寝起きに体が動かなかったって
よりは力が入らない感じってことは
あったけど、それが金縛りなのか微妙。
なんか恐い!っていうより不思議。
ただただ不思議な感じだったね。

チミまた何かしちゃったの?!
【2008/04/09 09:11】 URL | 棟梁 #-[ 編集]
スッゲェ!
ほんとにスゲェ!!
何がスゲェって自分でコントロールして金縛りになれるなんて。

おれも過去に金縛りに会ったことがあります。
そこからオカルトは信じない派から信じる派に鞍替えしました。

でも、ほんとに何かにやっちゃってる?
だって、昨日shimが言ってたもん。
『takecomの巨体にやられて首がいてぇ!』って。

どうか、おれにはメガトンタックルはご遠慮ください。
【2008/04/09 17:06】 URL | ryu #-[ 編集]
どもー♪

>>Shimさん
mixiの日記にも書いたけど、
僕はオカルティックな事は信じませんぜ。

あっ!生き霊?Sh○mさんの?
微糖コーヒーでご勘弁願います!w
【2008/04/09 23:39】 URL | takecom #-[ 編集]
どもー♪

>>棟梁さん
してねーよw
【2008/04/09 23:40】 URL | takecom #-[ 編集]
どもー♪

>>ryuさん
いやね、俺。毎日迷走瞑想しながら寝てるんだよ。
でもね、金縛りは今回含めて二回よ。たった二回。
TKO氏もさっき聞いたら、有るんだって!
しかも夢を操れる人が友人にいるらしい。
その人が金縛りになるかどうか、非常に興味津々です。

あっ、生き霊Shi○さんには、
供物として「微糖コーヒー」をあげてきました。
だから、暫くは金縛りに遭わないかもwww
【2008/04/09 23:44】 URL | takecom #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.