ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


_MG_3536.jpg


とうとうテレビから姿を消した。

ってか、遅すぎる。ようやく江原が消えた。以下抜粋。

=======引用ここから========

壇れいが出演したのは昨年末の12月28日放送分。話題は宝塚音楽学校への進学へと及ぶ。
進行役の国分太一が「両親は反対されなかったなですか?」と聞くと
壇は「『自分の好きな道に進みなさい』と小さい頃から言われていたので」とこたえる。
そこに江原氏が「ふふふ・・・・そうじゃないです」と割って入った。

「いえ、そうなんだけどそれは女の子と思ってなかったからね・・・お父さんそう言ってるの」
「お父さんは寡黙な人だけど、寡黙にしてたのね、してただけで中身は要するにお見抜きですよ」
「だから『あぁ、また始まった。ま、思うようにやりなさい』と」と亡くなった父な声を伝えたのである。

そして宝塚の厳しい努力を積み重ねてきたという壇に、江原氏を通じて
父から愛の言葉が届くという美談が続き多く視聴者が感涙にむせんだ。

ところが、この放送を見た壇の出身地の人々から疑問の声が噴出したのだ。
壇の高校時代の同級生が語る。「彼女が『オーラの泉』に出るというので、
楽しみにしていたんですが、江原さんが『死んだ父親』を霊視しているのでびっくりしました。
壇さんのお父さんは、元気にこの町で生活していますよ。なぜあのような話になているのか、
まったく理解できません」

壇の公式のプロフィールには、「京都府出身」とあるが、実際は高校を卒業し、
宝塚音楽学校へ進学するまで兵庫県の小さな町で育ったという。

地元の住民が語る。「江原さんの番組は、放送当時、町で話題になっていました。
その中でも、京都出身だと紹介されていましたが、間違いなくこの町出身です。
小学校から高校までの同級生もたくさんいる。壇さんの家にはいろいろ事情があるようですけど、
お父さんは、今も町役場で課長を務めています」
番組を見た地元住民は、おおいに落胆したという。

実は壇の母親は、壇が宝塚デビューを果たした後、離婚し、京都府出身の男性と再婚。
その義父が、交通事故で亡くなっている。
江原氏はいったい誰の声を伝えたのか。
こんなところで『霊視』のインチキが馬脚を表した。

壇本人に話を聞いてみた。
「たしかに、兵庫の父は生きていますが、私が聞きたかったのは亡くなった父のことです」
しかし江原氏が伝える「父の言葉」は亡くなった継父が語ることはできないはず
「私あの時は最初から最後まで号泣してましたよね。自分が今まで心に秘めてきたことを解ってもらって、
言ってもらって、そのことで一杯だったし、涙が止まらない状態だったので細かい部分は覚えていない
んです」と答えた

ちなみに、江原氏は番組内で「壇れいの中身は男の子」という『霊視』を披露して、
壇自身も「あっそうなんです!」と受け答えしていたが、実は壇は番組収録前に受けた
雑誌のインタビューで、そのことをすでに話している。
記事のタイトルはスバリ「こう見えて、心は女、精神は男です」。
江原氏はこの記事を元に『霊視』したのではないかと勘ぐりたくなる。

そこで最後に誰を『霊視』していたのか、江原氏に質問したが、
「貴誌の編集方針に疑問があります。つきましては、貴誌の取材協力依頼は応じかねます」
との返答があったのみ

=======引用ここまで========

最近、江原も細木もテレビで見なくなった。アンタ死ぬよ!だとか、スピリチュアルなんとかなんてのを見なくて済むようになった。

江原はまだ細木みたいに「あんた死ぬよ!」なんて下品な言葉を使わなかったから、まだマシではあったけれど。まぁ、インチキで暴利を貪ってるのには間違いねぇ。

宜保愛子細木数子江原啓之。今まで次々とへんな霊能力だか、へんてこな力を持った奴らが出てきた。次はどんなへんてこなのが出てくるんだろう。楽しみ半分、悲しみ半分。

やっぱりこういう人たちも、視聴者という消費者が求めてるから出てくるんだろうけど。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。