ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


french.jpg

今日の映画は「フレンチなしあわせの見つけ方」。さぁ、いってみよか。
フランス映画です。TSUTAYAではミニシアター系のカテゴリーに有った作品。フランス映画って、感覚が繊細なのに、行動が衝動的な気がします。なんつーか、「生」の感覚。俺は好き。

本題「Ils se marierent et eurent beaucoup d'enfants」を直訳すると「あいつらは世帯を持って子供をつくった」になるらしい。邦題と随分違いますな。でも、結婚観に関しては面白いな、って思いました。三組三様の結婚観。

1.結婚とは一人の配偶者を愛する事であるか?
結婚してしまってから、「間違った選択をしてしまった!」と思う男性。それまで幾人もの女性と関係を持っていたが、子供が出来たとたんに遊ぶのを辞めた男性。本当に愛する女性と結婚しておきながら、本当に他の人を愛してしまう男性。男性は基本的に浮気性なのかしらねー?でも、この映画では最後に女性も浮気してしまうんだけどね。

2.子供
子供が居ても、バレ無いように不倫をしてしまう男も居ます。逆に先述の通り、子供が出来る事によって遊ばなくなる男も居ます。結婚に関しては、子供がどういう位置づけになるか?ってほんと大きいよな~。そんな映画あったよ~な?なんだっけ?あのダスティン・ホフマンの出てる奴。またねー、監督の意図なのか?脚本がそうなのか?子供が根源的で的を得た質問を布達するんですよ。「何故、一人しか好きになっては行けないのか?」「価値は誰が決めるの?」なんて。大人の世界は、そんな子供の根源的な質問に誰も応えられずにその場を乗り切る術をもっているので、問題が起きるのやもしれないね。

3.男はガキ?
そうなのよ。男はサッカーやって、酒呑んで、ポーカーやって。家で待つ女性。これじゃ、不公平だよなー。それでも、男性を受け入れられる女性は、やっぱり男性より上の立場だよなー。男性は女性の手のひらで転がされてるわけですよ。

いやー、今宵も呑みながら映画見た所為で何言ってるか分かんないやー。でも、オススメな作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。