ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


hkhkDSC8571.jpg


ふとニュースに。
国際労働機関(ILO)が発表した若年層の雇用情勢報告。日本、米国、欧州連合などの先進国では昨年、就職も進学もしない「ニート」の比率が13.4%に達した事を明らかにした。

7-8人に一人の割合。若年層は15-24歳ってことらしい。うーん、この数値はきっと高いのだろうけど、分からなくもない。大凡、人間は喰うために働くもんだと思ってる人も多い。もちろん、やりがいとか生き甲斐を求めて自己実現する場でもあるんだろうけれども。

それにしてもこのレポートは何を示すのか?先進国・ニート・若年層。まぁ、先進国みたいな何はともあれ食べていける国であれば、就業することが必須でなくなるかもしれない。「遊んで暮らせるなら、それだって悪くない」って考えるよね?

ただ若年層を対象にしたレポートだから、きっと言いたい事はこういう事だろう。「若者で体力も有り余って、やる気があるこの時期に!」って感じさせるレポートだ。ニートを推奨する立場ではないが、無闇やたらに叩かなくても!って思う。

話しは変わるけど、ほんと最近何年かで「コスト」を気にする。価値をお金で換算する比率が多かったりするかもね。大企業なんて見てると大幅リストラ!なんて企業体質を変えた会社の株が上がったりして。コストに見合わないとバッサリと。

今の時代、効率化とかコスト意識が必要なモノか不必要なモノを分けるフィルター。篩に掛けられて、残ったら勝ち・価値、落ちたら負け。ちょっと寂しいね。ただ、企業も効率化とコスト意識を持たねば残って行かねば、勝ち上がれないのも事実なんだろうな。

時代の波は大きくて、規模は必ずと言っていいほど世界的に起こる。もちっと、良い波来ないかね?
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記




今日19:30からNHKの「クローズアップ現代」でも若者の非正規雇用特集してましたよ。

俺らの年代が就職氷河期だろうと今の新卒が選びたい放題だろうと
その年代に生まれてきた訳だから文句垂れてもしょうもないですよね。

やっぱあれっすよ戦後日本経済を支えた今の70~80代の人たちだってもっと豊かに暮らしたいていう原動力があったからがむしゃらに働いてたんすよね?

その年代の人たちが今の時代に生まれてたらやっぱ13%はNEETになってたはずですよね。
姐さん並みに長文になってしまった・・・・

( ゚д゚)ハッ!!
俺もう若年層じゃない orz

【2006/10/31 20:45】 URL | N坂 #-[ 編集]
ども♪takecom@良い感じに酔狂(吉田町旬亭にて)です。

君は端的に僕が言わんとしているところを言ってくれた!
そういうこと!個人は個人として存在するけど、
やっぱり大きな波とか風の中で生きてるんだ。

僕も7,80代の人と接する機会があるのでよく分かる。
彼らが戦後の高度経済成長期を支えたのは、
未だ見ぬこれからの明るさの存在を信じていれたからなんだよね。
だから現実の物となったんだと思うよ。

それが今の日本にはない。
中国を初めとするアジアの台頭で廃るかもしれない日本経済、
国内は年金問題なんかの暗い話題。
だからneetは13.4%も居るんだよ。
別に不思議はないんだ。明治・大正生まれはがっとつーえ(とても強い)人間が多い、
ってのは目の前にある人参が見えたから走れたんだと思う。
今の日本に目の前の人参は見えるかね?

今の日本だって、目の前にある人参が見えたなら。
明るい未来が見えるなら、走れる人材ばかりさ。ほんとにそう思うんだよね。
だからこそ、このレポートには少々虫酸が走ったわけ。

今の僕たちに必要なのは、
大事なのは今の空気がある事を知る事だと思う。
その空気が何処へ流れているか、どんな匂いがするか。
それを感じられたら、すこし今の自分の立場が分かる様な気がする。
直ぐによい展開には移らないかもしれないが、
心の平生は保てるよ。

明るい状況でもなく、
かといって働かなくても物質的に安穏と暮らせる時代。
neetになってしまう人たちが居るのだって分かるさ。
だから今があるような気がしないでもない。

なんつってー♪
でもね、愚痴ばかりをこぼしていられない。
日本経団連はこれから労働力さえ「輸入」しようとしている!
外国から人が流入してきて、
それで国という形が維持出来るのかなぁ?
そんな心配がつきまとう今日この頃。

N坂君、もっと話したかったな。
【2006/10/31 23:31】 URL | takecom #-[ 編集]
そういや介護職の慢性的な人不足で東南アジア(フィリピンでしたっけ?)から人材を輸入するみたいですよね。

ただ日本が世界で数少ない単一民族で形作られている国家なので世界から見ると閉鎖的に見えるかもしれませんよね~

ちょい話ずれますけど、単一民族だからこそ今の日本経済が発展したと思いますし。同じ敗戦国のドイツでもいくつもの世界的な有名な企業がありますけど、旧西側と旧東側の経済格差はかなりあるみたいですし。

まあそう書くと首都圏、大都市圏と地方の経済格差は開きつつありますが・・・

ドイツに移住しているトルコ人、オランダに移住したイスラム系住民との確執も段々ひどくなっているみたいですし。

とにかくマスコミの世論操作に惑わされることなく自分を見失わず生きていけたらいいなと俺は思うのです♪

やばい久しぶりに真面目な事書いてたら時間が・・・
荷造り終らない~w
【2006/11/01 00:04】 URL | N坂 #-[ 編集]
では質問です。

宝くじで1等前後賞当たったらどうしますか?

夢見たいな話ではあるけど、よく考えて。

おれですか?当たった事はひた隠しにして仕事続けますよ。今の仕事を続けるかどうか聞かれればNOだけど、何かしら仕事はします。雇う側になるか雇われる側になるかは別として。

この状況はtakeの言う「働かなくても、遊んで暮らせる」って言う状況です。

最近思うのは「生活するために働いている」って言う事。趣味が高じてとか、使命感なんていうのは皆無です。もっとストレートに言えば「生きるために働いている」のです。問題なのはこの「生きる」って言う事。

衣食住を確保する事も「生きること」ではあるけれど、先人達の努力によって、プラスアルファが生まれています。その部分は言わずもがな「余裕」。サッカー観に行ったり、カメラたがえて出掛けていったり、フットサルしたり、バイク乗ったり・・・。これって全部「余裕」の部分なんだよね。

その「余裕」の部分だけを追い続けると、いわゆるニートと変わらない状況になるんじゃないかな?と、おじさんわ考えます。親父達の世代が明るい未来を信じていたのは、根拠があったわけではないと思う。ただ、「今よりは良くしよう(今よりはいい生活をこいつら(おれらね)に渡そう)」って思っていたからじゃないかな。

そういう意味では我々の世代はバブル崩壊後の我慢の時期を経験しているわけだから、状況的には似ていると思う。決定的な違いは次世代により良い状況を渡せるか、渡すつもりがあるかどうか。

進学も就職もしないで遊んでいる連中(あえてこう言わせてもらうね)は、キリギリス的な思考で、お気楽モード全開に見える。本気で遊びたいなら、本気で働け。っておもうよ。

【2006/11/01 22:55】 URL | 桃乃輔 #-[ 編集]
追伸

「人参が見えないから走らない」てのは言い訳に過ぎませんよ。
人参がなくても走らなければならないんです。走る事によって暗闇から抜け出す事ができるんです。

後の世代に追い抜かれたら「あいつらには人参が見えていたんだよ」って言い訳するんですか?そんなんかっこわりーよ。

「気力・体力が充実しているのに」っていう大人たちの愚痴はそういう言い訳に向けられたものじゃないんですかね?
【2006/11/01 23:04】 URL | 桃乃輔 #-[ 編集]
どもー♪案外こういう流れが好きなtakecomです。

>>桃乃輔さん
厳しいっす!コメント厳しいっす!

>>この状況はtakeの言う「働かなくても、遊んで暮らせる」って言う状況です。
んー、僕は働きますね。今の仕事続けますね。ちっちゃな使命感から。
もちろん一億円は極秘で!

>>最近思うのは「生活するために働いている」って言う事。趣味が高じてとか、使命感なんていうのは皆無です。もっとストレートに言えば「生きるために働いている」のです。問題なのはこの「生きる」って言う事。

この辺は様々な解釈が有って良いと思うんですよね。
僕は自分の仕事に使命感、在ります。
引退世代を労る職業に価値はあると滲じているし、
そういう社会を作っていかないと僕たちの世代もそんな扱いを受けるかもしんない。
弱者になったら、「ハイ、ソレマデヨ!」なんて社会は真っ平です。

弱者は好んでその道を進んでいる人たちは居ませんから。
もちろんneetに陥った人も含めてそう考えてます。

>>衣食住を確保する事も「生きること」ではあるけれど、先人達の努力によって、プラスアルファが生まれています。その部分は言わずもがな「余裕」。サッカー観に行ったり、カメラたがえて出掛けていったり、フットサルしたり、バイク乗ったり・・・。これって全部「余裕」の部分なんだよね。

>>その「余裕」の部分だけを追い続けると、いわゆるニートと変わらない状況になるんじゃないかな?と、おじさんわ考えます。親父達の世代が明るい未来を信じていたのは、根拠があったわけではないと思う。ただ、「今よりは良くしよう(今よりはいい生活をこいつら(おれらね)に渡そう)」って思っていたからじゃないかな。

確かにそうかもしれません。時代も厳しかったでしょうし。ただそれって、今の安穏とした、物質的に豊かな世代に生まれた若年層者(ここでは15-24歳)に理解させるのは難しいと思いますよ。そもそも昨今は大学卒後まもなくて後輩も居なければ、晩婚化で子供も産んでない世代ですから....。彼らに次の世代を意識するには速すぎませんか?

>>そういう意味では我々の世代はバブル崩壊後の我慢の時期を経験しているわけだから、状況的には似ていると思う。決定的な違いは次世代により良い状況を渡せるか、渡すつもりがあるかどうか。

いやいや、バブル崩壊後も「家事手伝い」という名のneetは存在してたと思いますよ。ここでの問題は「就職したかったけれども出来なかった人たちが分母に含まれるかどうか」でしょうけれども。就職希望者が少ないかどうかは、今回のレポートに乗ってなかったか分かりません。就職希望者が少なくても、まぁそれも良いのかな。って思ってます。実は。

>>進学も就職もしないで遊んでいる連中(あえてこう言わせてもらうね)は、キリギリス的な思考で、お気楽モード全開に見える。本気で遊びたいなら、本気で働け。っておもうよ。

ここは同意出来ますけれども、neetやってる人って案外辛くてその状況を続けてる人多いんじゃないかなぁ。頑張って大学入ったけれども、自分が行きたい方向へ進めないとか。neetが弱者であるかどうかは微妙ですが、そういう人たちも好んでやってる人が少ないような気がするんですよ。苦しんで動けない、みたいな。

あ、そろそろ仕事です。
【2006/11/02 13:19】 URL | takecom #-[ 編集]
えとね、「就職したかったけれどもできなかった人たち」って言うのが解からんのよね。希望の、目指していた職業に就ける人って、いったいどれくらいいるんだろうね。

高校生ドラフトではないけれども、全部全部希望の職に就けるなんてありえない。やりたくない仕事を無理してやる必要は無いと思うけど、自分が本当にやりたい仕事じゃないから就職しませんって言うのも違う気がします。

本当に生きるためだったら、業種なんて選んでる場合じゃないはずです。とにかく賃金を得ることを最優先で考えるべきなんじゃないかと思います。藁が米に変わる時代ではないのですから。

takeの言うとおり、次世代を意識させるには世の中が安穏としすぎていて、かつ社会に出て1年目ぐらいだと解からないかもしれない。でも、残りの87%の人たちは、漠然と感じ始めている(と信じたいね)んじゃないかな?ウチの新卒社員からは微塵も感じられませんが・・・。そもそも日本の大学で4年間時間を浪費しているわけですから(経験談)、進みたい方向なんて分かるわけないんです。

みんなが大学行くから俺も行く。みんなが就職するから俺も・・・。みたいな感じですから。なので、必修科目未履修みたいな問題が高校で起こるんだよね。アメリカ式に「来るもの拒まず」でやればいいと思うんだけど。

とまぁ、やりたい仕事をやっている(少なくとも親にはもそう見られています)おれが、偉そうなことはいえませんけど。
【2006/11/02 20:57】 URL | 桃乃輔 #-[ 編集]
ども♪返事が遅れました...

>>N坂さん
チミが荷造り終わらなかったのはこれの影響もあったりして!
まぁさ、荷造りってかゴミ出し手伝ったから、よしとしてくれ!
今日は久しぶりの大阪で、久しぶりの仲間と楽しんでるかな?

看護もそうだった気がする>>労働力の輸入
日本の人口は減少の一途を辿って、
ほんとそんな事をしていかないとイケナイ状況になってるんだよね。
つまり国は企業からの税制が取れない状況になってくる。

ただ、労働力って最小単位は人っ子1人。
つまり流動的で技術だの、知識は流出するリスクが大いにあると思うんだよね。
それでも労働力を輸入しなければいけない状況だから、これは大変だ。
板挟みだもん。
つまり日本は新しい技術と豊富な労働力を常に確保しなきゃいけない!
常に走り続けなければ、やばいんじゃないかな。
マグロですよ。日本は。

格差、二極化の問題はほんと厳しいよなぁ。
他所の国は人種やらもいつも大変そうだけど、
日本はそういうのが少ないのがメリットのかな?なんだろうな。
なんて思うけれども、案外日本国内の問題もあるよね。
昔はみんなが中流だったから、安心があったけど。
今って少しギスギスしてて、他人を蹴落としてやろう!
なんてことも...ある?かな?どうかしら。

でもほんと、情報は調理された・加工されたものもあるから、
鵜呑みにせず、しっかり自分の立ち位置を考えて生きたいね。

あ、これから君の記事書くから。
大阪で号泣しないように。今日の空港の様にね!

>>桃乃輔さん
>>えとね、「就職したかったけれどもできなかった人たち」って言うのが解からんのよね。希望の、目指していた職業に就ける人って、いったいどれくらいいるんだろうね。

確かに。これ分かりますね。話変わりますけど、ES細胞なんてやつ有るじゃないですか。
これから何に分化するか分からない細胞。いろんな可能性を秘めている細胞です。
あれって何になるか分からないけど、それでもいつしか、腱やら筋肉やら、骨やらに。
とりあえずなってみて、その後を一生懸命する事って必要かもしれませんよね。

でも、今現在の社会のES細胞達はきっと、いろんなものを見てるんじゃないかなぁ。
情報の溢れてる時代だし。
ネットやらテレビを初めとする情報媒体って昔の比じゃないっすよね。

>>高校生ドラフトではないけれども、全部全部希望の職に就けるなんてありえない。やりたくない仕事を無理してやる必要は無いと思うけど、自分が本当にやりたい仕事じゃないから就職しませんって言うのも違う気がします。

ほんとですね。やってみたら楽しい事って色々あるだろうし!
そんな状況が背景として、昨今のインターンシップ実習ってのはあるんでしょうね。
最近は僕の職場(医院)でも沢山の小学生・中学生が実習に来てます。
決まって、人数がマチマチなので、希望取って来てるんだろうな~♪
良い取り組みですよね。

>>本当に生きるためだったら、業種なんて選んでる場合じゃないはずです。とにかく賃金を得ることを最優先で考えるべきなんじゃないかと思います。藁が米に変わる時代ではないのですから。

うーん、確かに。

>>takeの言うとおり、次世代を意識させるには世の中が安穏としすぎていて、かつ社会に出て1年目ぐらいだと解からないかもしれない。でも、残りの87%の人たちは、漠然と感じ始めている(と信じたいね)んじゃないかな?ウチの新卒社員からは微塵も感じられませんが・・・。そもそも日本の大学で4年間時間を浪費しているわけですから(経験談)、進みたい方向なんて分かるわけないんです。

僕は大学って言う有る程度自由度のある学校に入ってないので、
よくは分かりませんがw
入学したら「理学療法士!」って学校。覚悟を決めるのは早かったなぁ。
丁度その頃、社会の勉強してて。
人口統計なんて見ると第二次ベビーブームの団塊の世代が多いんですよ。
きっとこれからそういう仕事は多いだろうな、なんて漠然と考えて仕事選びましたね。

>>みんなが大学行くから俺も行く。みんなが就職するから俺も・・・。みたいな感じですから。なので、必修科目未履修みたいな問題が高校で起こるんだよね。アメリカ式に「来るもの拒まず」でやればいいと思うんだけど。

この辺、どうなんすかね?書き込みくれるaiさんに聞いてみましょうw
あ、きっとテスト勉強中で死んでるかな?
おーい、aiさん。ドゥ?
【2006/11/04 00:50】 URL | takecom #-[ 編集]
はいはい、たけちゃん!

私もあなたと一緒、高校中に進路を決めたときには
将来の(一応ね)自分がどうなりたいかで決めたよ。
理学療法士ね。やりたいことが早くに見つかった、っていう
私たちはある意味幸せかもね。

私の性格からして、目標なしに何かをやる、ってむり。
みんなが大学行くから私も、とか、親が行けって言うから、とか。
ま、日本にいると地域、共存してるみんなの中の自分、で物事考えるから、周りの目が気になるのも無理ないよね。
でもさ、じゃ、自分は何のために勉強してるの?!ってなるし、だから大半の日本の大学生は入学後バイトして、買い物して、
サークル入って…でしょ。勉強は?

こっちじゃ考えられない。
そんな学生もいるけど、ほんとに自分で勉強しなきゃ成績
取れない=奨学金とれない=学校辞める、になるからね。
親に頼らないで自分でやってる学生や、働きながら少しずつ
単位取る学生もすごく多い。
アメリカの大学は来るもの拒まず(そんな感じかな)、奨学金や
サポートしてくれるシステムがいくらでもある、だから頑張った人にはチャンスがいくらでもあるの。これ日本には無いよね。
半数以上はタダで学校言ってるんじゃないかな?
私も留学生だけど、奨学金取ってるし、学費はこっちの学生と
同じでしかもお給料もらってる、日本語のTUTORしてるから。

日本はそんな制度が無いに等しいから
大学卒業するまでは親の責任で学費出す(出さなきゃいけない)だし。

たけの友達が言うように、自分の理想の仕事ができて、それで生計立てられるなんて、ほんとにわずかな人たちだよ。
テレビや雑誌でそんな人たち取り上げられてるから、いいな、とは
思うけどなかなかありえないでしょ!

生活は生活で考えなきゃね。仕事はお金もうため。
そのお金をどう使おうがそれは自分の勝手。割り切ることも
必要じゃない? 自分の考え方次第だよ。

日本の教育も生温い、働かなくっても親元、とか
たまにバイトして、とかで生きていけるし、ハングリー精神が無い。
同じように留学してる中国、韓国、ほかアジアの学生はちがう。
小さいときから、起業して、とかなにかにトライしてみることを
教えられて、やるなら若いうち、って気持ちでみんな頑張ってる。
そうやって育った、って言ってる。

こっちに来て、いろんな人に会えて、価値観変わって、
勉強できて、良かった。ほんとに。


【2006/11/05 04:00】 URL | ai #-[ 編集]
ども♪
takecom@千葉のブジネスホテルです。
今日は医技大の卒後セミナーですよ。
八期生は僕しか居ませんでした。
14期生までいるんだね。びっくりだよ。
鈴木先生は相変わらずダンディーで、講義もおもろかった。

で、レス。
うん。俺も結構幸せ。
仕事を早めに、決められたのは幸せだよね。
しかも、楽しくて良い仕事だと思ってる。
アメリカに比べたら凄いマッタリした環境なんだろうけど>>理学療法士

あ、仕事と賃金のとらえ方は俺も自由で良いと思うんだ。
決められるもんでもないし、
普通に食える程度貰っていたなら、考えないことでもあるかも。

ほんとアジアの教育は(日本を除いて)きっと明るい未来に繋がっていくんだろうな。
俺も高校の時聞いたことがある同級生の話。
日本人なんだけど、韓国で生まれて育った奴がいたの。
成績は一位からビリまで廊下に張り出し、っていってったっけ。
日本じゃ考えられないよね。

最近、アルバイトの高校生の計算能力が落ちてる。
367円の買い物をして、517円出す。
前は当たり前のように150円のおつりを出す高校生ばっかりだったけど、
最近の高校生はとまどう奴が多すぎる。
そればかりか、俺が計算間違えて、
512円出しても、何も考えないでレジ打つ奴が多い。
ほんと危ないよ、日本は。

俺もアジアは小・中学校の頃、タイと香港、マカオに行ったことがある。
スゲー必死な町。夜中でも建設業が続いてたり、
眠らない町、必死で観光客にアピールする商人。
アレはきっと日本の戦後だったんだと思う。
日本は安穏としてるから、走らなくなったんだと思った。
アジアは貧困から逃れるためにがむしゃらだと思った。

そもそもアレは15年前。あれからタイも経済成長著しいよね。
バーツも強くなったし。

ああ、また訳のわからねぇレスになっちまった....鬱。
【2006/11/05 19:13】 URL | takecom #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。