ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012-08-20 18.36.00

今日は久しぶりに友人たちと釣りに行った。
釣竿を垂らし、魚を待つ。ハゼがピクピクっと「あれこれなんかおかしいぞ」的な挙動をする。釣り上げて、クラーボックスの中に入れる。ハゼが幾らかはわからない。同じようなもんで豆アジなんかだと随分沢山入って¥198なんかだったりするんだけど、きっと価格にしたら同じように二束三文だろう。あれ?ジャリメの方が値段が・・・w

程なくして三人で買った¥500のジャリメは無くなった。僕はハゼを切って餌にする。命を粗末にしてるわけじゃないんだけど、毎日僕の命を繋ぎ止めるにはやはり命を頂いてる。友達には「残酷!」って言われたw そうかもしれない。んだけど、餌も命。ジャリメを食う文化がないのでジャリメは食わないけど、魚は食うので魚取るためにジャリメの命を頂くし、場合によってはハゼも更に大きく命を貰うために餌にするぜ!本当は普段の食事の為にどこか遠くで誰かがやってるんだけどね。ただ貨幣制度が整った今の社会じゃあんまり直接的に命のリレー現場を目のあたりにすることが無くなったので、非日常のそれを目の当たりにするとどこか違和感を覚えてしまったりするw

家で可愛らしいハゼを食う。とても香ばしくて美味しかった。このハゼが唐揚げになるまでのストーリーをほんの少し体験したからかもしれね。でも、普段の生活の中ではそういうストーリーが欠如してるような気がしてよ。魚が何処で泳いでいたか、どんなふうに獲られたか、誰が調理したのか?とかそんなんをすっ飛ばしてスーパーでのストーリーから始まる。んまぁ、それは極端だけど、そんな気がしてちょっと寂しくなった。別に貨幣制度が全部悪い!とかってのは思わないんだけど、ちょっと人が人らしく生きるにはそれだけじゃ良くない気がしてさ。なかなか食べ物が単純に食卓へあがって来るまでのイメージって湧きにくいじゃん?これだけグローバリゼーションが進んで地球の裏側から魚が持って来られる時代だし(安くなる上に誰がやったかなんてイメージが欠如しやすい気がすんの)、ほんとは食卓の上の魚のから揚げだっていろんなストーリーと誰かの労働の形なんだけど、貨幣制度はそういうの感じにくくなってるような気がしてさ。ありがたやー、つって食ってるかな俺、みたいに考えるわけすよ。

んま、俺の想像力の欠如からそんな他愛のない事を考えたのかもしれないけれど、普段の生活で食べる魚だってほんとは誰かが取って、捌いて、食卓の上に上がるのよね。生活の全てを自分で行うってのは困難にしろ、たまにゃーそういうことをした方がええのかもなー、ってハゼむしゃむしゃしながら思った次第です。んな事考えると、ジジイババア(親しみを込めて)が畑に向かうのも何か理由があるんジャマイカ、とか思ってる。貨幣制度にどっぷり使って、時々そういう基本的なこと忘れそうになるから、注意が必要。そんな気がしたでござる。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。