ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五頭山

登って来ました。
最近、人に色々薦めたがるどうも俺です。Macやら登山、カメラだったりするんだけど、この日は彼女さんに登山を薦めます。つーわけで、近隣のチョロ山五頭山に行って来ました。

P9250005.jpg

P9250023.jpg

P9250019.jpg

五頭山は五峰から成っていて、五ノ峰(約860m)、四ノ峰(871m)、三ノ峰(873m)、二ノ峰(約890m)、一ノ峰(約910m)があるのですが、今回は彼女さんの体力も踏まえて五ノ峰まで。

登山ってまだよーわからんのですが、僕は頭頂だけが目的だとは思っていません。ほんとのところ、ガジェットを手に入れた時、人にすすめて、薦められた人が買って喜ぶのを一緒に喜ぶような、そんな感覚が目的になってます。なんつか、出来事や時代を共有する感覚?ほら!iPhone良いよ!とかMac良いよ!とか、デジタル一眼ならでこんなの撮れるよ!とか、そういう感覚。山で疲労感や、ちょっとした発見や、昼飯うめぇ!とか、景色を見たときの感動。んだから、あんまりこの高さ!みたいなのはないんすよね。見てみたいなぁ、って興味はあるけれどそれだけじゃない気がしています。エキストリームな楽しみ方もあるかもしれねけれどw 山は人それぞれの楽しみ方があるので、人それぞれ楽しめば良いと思うんですけれども。

IMG_2431.jpg

この日の山ご飯はバジル入りニョッキでカルボナーラです。ニョッキの消費期限近かったんで、300円→200円w ニョッキはパスタより熱を加える時間が少なくて済む&湯切りが楽!なので、登山の飯にはいいかも!と思った次第です。

IMG_2430.jpg

こっちはパックのご飯でハヤシライス。200円です。登山のあとでの飯って、何食っても美味しいんですよね。食事って、ロケーションも大事だし、体の状態が食事を美味しく感じるかどうかをすごく左右するんだな、ってほんと思います。そう考えると飽食の時代がほんとうに美味しいものを食べてる時代なのかのかどうか?ってのは、ちょっと疑問が残ったり。普段の生活をかんがえたりしちゃうんすよね。

さて。三時間ほどかけて、頭頂。なかなかいい眺めでした。弥彦山、角田山、手前に護摩堂山、蒲原平野を望み、新潟市から紫雲寺の風力発電所まで見ることができます。



五頭山、今はアブやら蚊なんかの虫なんかも少なくて、ほんと快適です。日本アルプスもいいけれど、こんな里山でのんびりまったり登るのも、時にはいいかもしれませんね。

=====以下、wikiより転載=====

・概要
五頭連峰のほぼ中央に位置する。連峰中では、南西にある標高974mの菱ヶ岳、北東にある標高954mの松平山に次ぐ高さである。峰が五つあることから五頭山と名づけられた。809年に弘法大師によって開山されたと伝えられる。
西面の阿賀野市側を表五頭(単に五頭とも)といい、東面の阿賀町側を裏五頭という。双方からいくつかの入山ルートが用意されている。新潟市近郊の山として、県内屈指の登山者数を誇る。麓には温泉街やゴルフ場などが広がっている。地元の学校では阿賀野川とならび、必ずと言っていいほど校歌の歌詞に入っている。

・五頭五峰
五頭山という名の由来となった5つの峰は、北から 五ノ峰(約860m)、四ノ峰(871m)、三ノ峰(873m)、二ノ峰(約890m)、一ノ峰(約910m)と呼ばれ、「五頭五峰」と総称される。これら五峰は、五頭連峰の主稜線には位置せず、主稜線から北西に伸びた尾根上に約800mにわたって直線・均等に並ぶ顕著な突起群である。越後平野側の真西の方角から眺めると5つの峰が美しくそろって見え、古くからこの五峰が五頭山そのものとして呼称され親しまれてきた。しかし、これら五峰には三角点が置かれていない。

・五頭の山頂
五頭山の三角点が設置されているのは、一ノ峰から北東へ約500m離れた、五頭連峰主稜線上の912m峰である(旧来、小倉"こくら"と称される平頂)。この峰は、五峰で最も高い一ノ峰よりもわずかながら高く、確かにこの付近の最高標高点である。そして、三角点が置かれていることでこれが五頭山の標高とみなされ、地形図でも五頭山頂のように表示されている。ところがこのせっかくの三角点峰は、平野側からは五峰に遮られて見えない範囲が広く、そのため登頂しても眺望がよくない。
眺望がよいのは、五峰のうち特に五ノ峰と一ノ峰で、広大な越後平野の先に弥彦山、角田山を、空気が澄んでいれば佐渡島、粟島まで見わたせる。また、背後には飯豊連峰の全貌を望むことができる。
このような事情から、言わば登山実用上の山頂である五頭五峰と紛らわしくなることを避けるためか、五頭山912m三角点峰は山頂とはあまり呼ばれず、俗に五頭本山と呼ばれることがある。
スポンサーサイト

テーマ:新潟 - ジャンル:地域情報


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。