ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


写真
と思った朝でした。
朝、目覚めてから階段を降りる。お袋が興奮して俺に言う。「あのね、花にありえない所から葉っぱが付いてるの!」ふむぅ。ありえない所から葉っぱとな?僕はTwitterでどうやら福島第一原子力発電所の事故から放射性物質の恐ろしさを自分で刷り込んでいるっていうか、実際恐ろしいとは思ってるんだけどさ。この時点ではなんの花なのか?とかそういう情報なしで、それがどういう意味を成すのか考えようと思わなくても、考えている。対称的にお袋は少女のように、純粋な気持ちでそれを見ていたように思う。単純に珍しいものをみつけた興奮で、ありえないところについた葉を見つめていたのだろう。

その時思ったの。タイトル通り、世界を見ているのは実は自分の事なんだよね。世界は、結局自分というフィルターを通してみているんだな、って。僕には放射線でDNAの鎖が切れてry とかね。でも、実物がシクラメンだった。ぼくの家でのシクラメンは玄関の上で室内に咲く花だ。そんなん考えると3.11の放射性物質が届いて・・・とかは違うような気がしたし、関係ないのかも、って。思うようになった。

でも、それまでに考える。シクラメンを沢山用意して、どのくらいの割合で奇形が生まれるか?3.11以前と以後でどれくらい違うのか?って。ひょっとして統計的に優位にシクラメンの葉っぱは異様な場所に生えてきたのかもしれない。そんな統計はやってないから分からない。でも、きっと可能性はゼロではないよ。全体で見たとき、それは分かるけれど、個別でこの花が放射線の所為じゃなかったとか所為だったとかっていうのは分からないんだよね。そっちの方が気掛かり。

それが本当のことかどうかなんて、わかんないの。ほんとらしい・うそらしいは有っても、与えられた情報を処理するのはやっぱり脳みそで、その脳みそは教育・日常の生活環境如何で世界の感じ方が違う。そう考えると、実はフィルターは僕自身で、それを取捨選択してるのも僕なんだ。結局、世界は自分の脳内を見ているに過ぎない。そんな気がした。

これから?というよりも、既にかもしれないけれど、混沌の時代があるように思える。それがほんとかどうか。うそもほんとも脳みそ次第。世界は自分であり、自分が世界。そんな気がした。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。