ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




数日前に、youtubeで斉藤和義さんらしき人が歌ってた。
「ずっと好きだったんだぜ」、って曲を替え歌にしてた。彼女さんに聞いていると有名な曲のようです。んで、しばらくしてUstreamで斉藤和義さん本人がライブし始めた。彼は売れっ子なので視聴人数はずいぶん多かったように思った。

ロックは高校で聞くの辞めたんだけど、聞いてみようと思った。正直、ロックが若者にウケるのは怒りと純真さが同居する時期がそうさせるもんだと思ってる。んなもんで純真さと怒りから抜けだした僕は、今ロックにはあんまり心ときめかない。んだけど、今こそロックは時代に沿っているのかもな、なんて。そんな気もした。

彼の行動は、怒りと純真さで動いてるんだろなー。しかし、彼は冷静に人を動かそうとしているのが行動としてもよく分かった。先ず、ライブを初めて売れた曲を沢山歌う→Ustの視聴人数多くなる→そこでようやく「ずっと嘘だったんだぜ」を流す。また、途中で協力していたスタッフもこの曲を流すときには「責任は俺だけ」と言わんばかりにフレームアウトさせるなどの配慮もあったりして。あの行動はきっとみんなにも伝わったのではなかろうか。

彼女さんとこの斉藤和義についての話をしていたら、この「ずっと好きだったんだぜ」は名曲らしい。この名曲を改変することに苛立つファンもいたらしいが、なにより歌い手の彼の方が心を痛めたのではなかろうか。彼女は斉藤和義の心意気に打たれて、iTMSで数曲トラック買ったそうですw

彼はきっとこれから干されるだろう。でも、きちんと見ている人は見ていると思う。言いたいこと、考えていることは言葉にして、歌にしていいじゃないか。彼の主張とかに賛同するのもアレだけど、行動自体もかっこいいじゃないか。んなきがした。
スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。