ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


District 9
後半じわじわ系。
初めはしょんぼりしたけど、後からテンション上がってきた。そんな映画だったような気がしました。今日のタイトルは第9地区District 9です。

この映画見て思うのは、アレだね。アイデンティティっていうか。初めは正直な所、人種差別の対象になる人をさ。エイリアンで表現してる映画かと思った訳。それで眠く感じてたのかもしれない。んだけど、面白いのはアイデンティティって何に依存してるのか?って考えさせられる映画になってきてから面白くなった。それは肌が白かったり、肌が黒かったり。そんなモノなのかも知れない。アイデンティティってもっと高尚で精神的なもんだと考えがちっていうかさ、僕はこうありたいからこうだ!なんて考えるよりも、ひょっとしたら自分の体に依存しているのかもしれない。まぁ、体を通してしか精神は存在し得ないので当たり前っちゃ当たり前かもしれんけど。って考えて、よくよく考えてみたらあるよなぁ、肉体を通してアイデンティティって確立されるのかもしれねーな。まぁでも。ヨハネスブルグが舞台って言う点なんかは何かしら人種差別をストーリーの中のメッセージに入れてあるような気がする。多分。しらんけど。

面白いのは自分の体がエイリアンになっていく内に、エイリアン側の心情に引き込まれるって所よね。初めはエイリアン取り締まってた側だったのに、エイリアンを助けちゃう側になっていく様がなかなか面白かった。ってことはだよ。たまたま産まれた自分の姿ってのは、自分で選んだわけじゃないし、アイデンティティでもないのかな?なんて気がしないでもない。そう考えると、姿形が違うから敵対する者、って捉えるのもどっか馬鹿馬鹿しく感じるね。

ってか感染は何故だったんだ・・・ あの動力の液体?うーむ...謎。ってなわけで、一回寝ちゃったけれど見直して良かったと思う俺的評価は☆☆☆☆★の☆四つ。ちょっとおまけ気味。

========あらすじ========
南アフリカ上空に巨大な宇宙船が出現。乗っていたのは100万を超える難民と化した異星人たち。そして28年後、市内に設けられた異星人専用居住区“第9地区“はスラムと化し、治安は悪化していた。政府は異星人をさらに僻地へ強制的に移住させようと考える。
========あらすじ========

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。