ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Surrogates.jpg
近未来モノは好物です!
今日のタイトルはSurrogates/サロゲート。身代わりロボットで実生活を行えるようになった近未来が舞台。人々はサロゲートと言われるロボットを実生活で使用し、生身の人間は犯罪や身の回りの危険から遠のいた。面白いよね、ロボットだから壊れることなく、いつまでも若々しく、そして美しい。美容整形もサロゲートの表面を変えるだけ。戦争はロボットで行われ、人種も性別もめんどくさいことは全て無くなったかに思えた。

見てて直ぐに思ったのが、リアルセカンドライフw

どうなんだろねー。こんな世界。身の回りのことはロボットでやれる社会。俺は基本的に賛成。テクノロジーが進歩して、自分の意志=実現する社会はウェルカム。それだけで人種問題が無くなれば、それで結構。性同一障害が解消されれば、それで結構。自分の容姿的コンプレックスが解消されれば、それで結構。

でも、疑問点もある。俺、思うんだけど。体と心は一つなの。体は心の器であると共に、体を通してしか世界を体験できないはず。体は牢獄であると共に、心そのものである側面もあると思うんだ。職業柄、心と体は密接な関係にある事をしばしば感じる。体はセンシティブに心を写すし、その逆も又然り。もしサロゲートが当たり前になった社会だったら、走ること、重力、美しい音、感覚という感覚は成長し得ないような気がするの。例えば、キーをタイプする時だって、指先の圧覚、指の位置覚・運動覚、タイプする時の音、視覚からはいる指の動き、今は自覚し得ない様々な感覚が脳みそにインプットされて、即時的に運動して、お互いがエコーするように脳みそが発達するわけでさ。ちとこんな社会が来るとは思えないw 生の感覚、映画では「fresh」って言ってたけれど、本当に生じゃないと分からない事ってのは多いと思うんだ。

と、いうわけでサロゲートサービスが始まったら頭を小さく八頭身にしたい俺的評価は☆☆☆☆★の☆四つ。最近、何が良いのかよく分からなくなってきましたw

PS これくらいテクノロジーが発達しておきながら、まだ車が四つ輪で動いてるし、ブルース・ウィルスの盗んだ車がプリウスwww サロゲートが走ればwwww という突っ込みを入れたくなる筈w

========あらすじ========
近未来の世界、人間たちは自分の代理のサロゲートと呼ばれるアンドロイドを使って彼らを外に働かせていて、自分たちは家から一歩も出ないで操作している。操作中はソファみたいなところに寝て、頭に指令を出すヘルメットのようなものをかぶって半分寝ているような感じだ。ブルース・ウィリスは、グリアーFBI捜査官を演じる。捜査官でありながら、彼も家にいて、数々の事件を解決している。そこにソロゲートとそれを操る人間が同時に殺される事件が起きた。グリアーのサロゲートも何者かによって壊され、生身のグリアーが数年ぶりに外に出て操作することに。されに彼のパートナーも危ないことに。。。
========あらすじ========
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。