ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PC200001.jpg

やっぱ楽しみたい食文化。
実は今回の沖縄旅行は同僚達と行ったわけです。で、同僚のMさんがとても顔の広い方なので、沖縄のご友人Yさんに美味しい沖縄の紹介をお願いしていたわけですな。やっぱり沖縄のことは、沖縄人に聞けという事で。Yさんサンクスです!彼女も同じリハ職という事で、沖縄ならではの仕事話ってのも興味深かった!


PC200014.jpg

先ずはYさんから、酒豪酒楽というタブレットを頂きました。沖縄ではメジャーらしいです。ウコン/ターメリックが入っており、二日酔いを防いでくれるっていう。沖縄ではウコンの力の隣、むしろそれよりも大きく売り出されているような気がします。タブレットで210円!なかなかいいお値段します!

PC200011.jpg

先ずはジャブ!沖縄のミミガーさしみを頂きます。食感が面白いね。ミミガー自体は豚の耳を指すのかな。んだから、刺身って言えば生?イリチーっていうと、炒め物である模様。

PC200012.jpg

左上:さかなの天ぷら
さかなの天ぷら?さかなはなんの魚?って感じですが、さかなの天ぷらです。他のお店もメニューに「さかなの天ぷら」ってあるんだけど、結局さかなの種類はなんだったっけ?で、沖縄の天ぷらは本土の天ぷらと違って、衣自体に味がついてます。カリッとした食感よりもすこしもっちりした感じ。ゴーヤの天ぷらも美味しい!

右上:ドゥル天
田芋とよばれる芋(本土でいう里芋?)を茹でて、豚肉、かまぼこ、しいたけを加えて炒める。潰しながら、団子状にまとめ、揚げたのがドゥル天。ちなみにこれは「うりずん」さんのメニューであり、揚げる手前のものがドゥルワカシーという琉球料理らしい。これ美味しい!里芋で作った揚げ団子みたいな感じです。

左下:ジーマミー豆腐
ジーマミーとは、沖縄の言葉で「ピーナッツ」の事です。これまた美味しい!大豆を使った豆腐と異なり、とっても粘弾性が強く、ピーナッツの香りもとても素敵です。ちょっと甘い感じもこれまたgood!

右下:ミミガー刺身

PC200015.jpg

で、次はフーチャンプルー。チャンプルーは「混ぜこぜ」にしたって意味らしい(出展:wikipedia)。~チャンプルーはソーミンチャンプルー、ゴーヤチャンプルー、そしてこの車麩を使ったフーチャンプルー等がある。豆腐を用いる炒めものはチャンプルーで、豆腐を用いないのはイリチーっていう!ほほぅ。面白い。チャンプルーの語源も諸説あって、インドネシア語・マレー語のcampur(チャンプールまたはチャンポール)との説がある。この語は、同語源の日本語のちゃんぽんと同様「混ぜる」「混ぜたもの(料理)」という意味を持つとか。ほほぅ、これ自体がアジアと密接なつながりを持っていた琉球の歴史を感じさせますな。ふむ。

PC200017.jpg

島豚ソーキの塩焼き。これまた美味しい。ソーキは「アバラ」って意味。んだから、ソーキそばはアバラの肉を使ったもの。沖縄そばは「ラフテー(豚の角煮)」を使ったもの、らしい。そしたら肋骨骨折はソーキ骨折っていうの?ってYさんに聞いてみたら、「年配の方なら通じるかもしれませんよ」って言ってました。やっぱりどっかリハビリ職だとこういう話題になっちゃいますw 

PC200020.jpg

お次はボロボロジューシー。語感が変だよね?ボロボロって水気のない感じがするんだけど、ジューシーって英語で瑞々しい感じがするw ちなみにジューシーって言葉は「炊き込みごはん」らしい。でも、これはボロボロってのがつくと雑炊だったかな。ヨモギの入った雑炊はフーチバボロボロジューシー。やさしくてシンプル、おふくろの味なんでしょうな。

補足:お年寄りだとあんかけチャーハンみたいなのもボロボロジューシーになるらしいですw

PC200021.jpg

そして〆は沖縄そば!鰹だしにつるっと触感のいい麺、ガツンと美味しいラフテー!シンプルだけど、すごくおいしいです。ええ。他のお店でも食べたんだけど、やっぱり魚の練り物系が二枚入ってます。紅しょうがは入ってるところと、入ってないところがあるかも。

んで、初めてきた沖縄の料理屋さんだったんだけど、スタッフがしゃべるしゃべる!基本的に沖縄には「いちゃりばちょうでー」という言葉があります。「行き逢えば兄弟」って意味らしいんですが、逢ったならばそれは縁で、兄弟だっていう意味らしい。んだから、初めての人でも、ほんとによくしてくれる。このお店、うりずんさんのホールスタッフもとっても親切にしてくれました。実は素敵な話だったので、録音させていただいたのですが、15分以上は話し込んでたよ。今まで居酒屋のホールスタッフがこんなに話してくれるなんて、記憶にないなーw ここ数日沖縄は随分と冷え込んでいるということ、彼の出身地、ここのお店のこと、沖縄の外で働く人はサマータイムがあること、それと...


沖縄人は台風がくると喜ぶw



らしいw 少し前に台風が来た時、大島でタンカー座礁。そしたら各種雑誌が来ないとか。みんな噂してた、あのタンカーに雑誌載ってたぜ!って。んで、次の週に今週号と先週号が同時に店頭に並んだこともあるんだとか。沖縄人がこれだけ、台風を楽しんでるのに新潟人ときたらw 雪をもっと楽しもうと思いましたwww

ちなみにYさんセレクトのこのお店は「うりずん」さんです。うりずんという言葉の意味は、旧暦の2,3月の春から夏に移行する時期の季節を指し、これから雨の降り初め(天候)か熟れ初め(作物)大地が潤いはじめる頃のことを言います。とっても美味しい料理と、とても素敵なスタッフ、そして泡盛も!沖縄に行ったら、おすすめなお店です!

Yさん、うりずんさんにスペシャルサンクス!


うりずん website

古酒と琉球料理 うりずん
TEL 098-885-2178
住所 沖縄県那覇市安里388-5
営業時間 17:30~24:00(L.O.23:30)
夜10時以降入店可、日曜営業
定休日 第2・第4日曜日
駐車場 無
スポンサーサイト

テーマ:☆ 食べた料理の画像 ☆ - ジャンル:グルメ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。