ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMG_0515.jpg

セブンイレブンローソンセーブオンファミリーマート、サークルK。
誰かこういうバカ企画やったことあるかしら?やってみると、案外面白かった。各社共にいろんな違いがあるんですね。へぇ。

対象:セブンイレブンローソンセーブオンファミリーマート、サークルKの各社コンビニエンスストアの、「大根」「ウィンナー巻き」「しらたき」とする。
方法:各コンビニエンスストアで、それらを注文し、温かいうちに試食。レビューする。また、全て食べ終わった時点、冷たくなった出汁のレビューをする。

IMG_0516.jpg

1.セブンイレブン
a.出汁:各社に比較して、出汁が強い感じ(5社中ローソン・サークルKと同じレベル)。しっかりとした鰹と昆布の出汁。鰹の出汁が強い。出汁の旨味の持続は長めで、後引く美味しさ。大根の繊維が出汁の中を漂っている。少々甘みのある出汁。
b.大根:非常に柔らかい。柔らかな繊維で、面取りしてあるかのよう。ひょっとして大根煮込まれた末、面取りの用になっている可能性もある。しっかりと中まで味が染みており、箸で触るだけで形状が解れる。
c.しらたき:真っ白ではない。5社中唯一、コンニャク芋の皮?なのか黒いものが見て取れる。何かは確認できないが、多分コンニャク芋の皮が斑点状に残っている。全体の構造として、中央にはリング状(指輪型というと理解しやすいかも)となったしらたきによって、バラバラにならないようになっている。
d.ウィンナー巻:ウィンナーは黒く、皮が薄い。皮が薄い事によって、味が中に染みやすいようになっているのかもしれない。周りの魚肉風のものもしっかりと味が付いている。
e.からし:味噌おでん?のたれのようなモノを付けてくれる。からしはS&Bであり、大手は大手の香辛料を使っている。(ローソンはハウス食品のからしである)
f.値段:
g.容器:木をあしらったプリントが為されている。

IMG_0509.jpg


2.ローソン

a.出汁:澄んだ茶色をしている。出汁の強さは若干、セブンイレブンよりも弱めかもしれない。若干ではあるが、コンソメにも煮た動物系の味もある印象。
b.大根大根セブンイレブンと比して、少々固め。しかしながら、これにかんしては個体差/調理時間も有るため、一概には言えない印象。また大根の使われる部分にも異なるため、普遍化するのは難しい。
c.しらたきしらたきを結んである。セブンイレブンよりも細い印象。ボリュームはセブンイレブンよりも大きな印象であるが、実際に計測したわけではないので清書を参照されたい。セブンイレブンよりも食感があり、堅めの印象である。セブンイレブンよりも、一本のしらたきが細い。
d.ウィンナー巻:ウィンナーの一本の長さが非常に長い。魚肉の部分よりも、顔を出している部分が非常に長いのが特徴であり、細い。ウィンナーの皮が厚く、ぱりっという食感が楽しめる分、味の染み混みが難しい部分がありそうである。セブンイレブンよりも色は市販のウィンナーと同様。味の薄さは
e.からし:ハウス食品のからしを使用。


IMG_0512.jpg


セーブオン

a.出汁:薄味。大手2社と異なり、旨み成分が少ない。旨味の後味は素早く消える。
b.大根:堅い。セブンイレブン・ローソンは予め食べられない食材は断られていたが、間違いなく煮込みが足りない状態である。この辺に関しては、詳細にマニュアル化された大手2社とは確実に異なる。直径は小さく、大根の高さは高め。細い大根を使用しているのかもしれない。
c.しらたき:白いく、コンニャクイモの皮と思しき黒点は見あたらない。噛みごたえ・食感は強い。一本一本が太いかもしれない。12時前後であったが、煮込みが少ない上・出汁が薄いので味が染みた感じが薄い。
d.たまご・ちくわ:卵は味が染みた感じが薄い。ちくわは非常に大きいが、味の染みた感じが薄い。
e.からし:無名。しかしながら、納豆のパッケージに入っているもので、みた記憶がある。
f.値段:全て55円というバリュープライス。
味が染みていないものでも、出す事があるのかもしれない。ひょっとして大手2社(セブンイレブン・ローソン)と異なり、マニュアルの徹底が為されていない可能性も否めない。


IMG_0515.jpg


ファミリーマート

a.出汁:薄め。グルタミン酸の多さで言うと、多分セーブオンより少し上位。
b.大根:堅め。よく味が染みてる。面取りはしておらず、角は立っている。セブンイレブンよりは堅いが、ローソンよりも柔らかい印象。大根自体の味も若干残っている印象。
c.しらたき:オシャレに巻いてある。量は大きめ。コンニャク芋の皮はない。ローソンに近い印象。食感が強い。
d.ウィンナー巻:一番サイズ大きい。皮が薄で味が染みやすい形状となっている印象。魚肉部分・ウィンナーは密着している。中もジューシーな印象である。魚肉部分はウィンナーを覆うような形状をしている。サイズは大きめ。
e.からし:味日本株式会社製造。

IMG_0516.jpg



サークルK

a.出汁:大手2社と同じ位の出汁の強さ。色は薄く見える。大手2社と同様に旨味の後味が持続する。薄味ではあるが、後引く旨味が心地よい。昆布の出汁か。
b.大根:しっかりと形状が真ん丸、規格が決まっている様に思える。大根自体の味は残っている。これは繊維が疎になっている所とdenseな所と大根の箇所によって大分異なるのかもしれない事に気が付く。少々、煮込みが足りない印象。
c.しらたき:しらたきをとめる中央が強固。よく見てみると、中央部は一本一本のしらたきがくっついており、解れないような工夫が織り込まれているのかもしれない。単純に結んであるように見えて、圧力でも加えられているのかもしれない。一本一本は細い。真っ白ではないが、白い。
d.ウィンナー巻:ウィンナー自体の味付けがしっかりしており、出汁+αの印象。そういえば他のコンビニのウィンナーってあんまり味が無かった。他の具材に味が移ってしまうの防ぐためか?皮は厚め。しっかりした食感が楽しめる。
e.からし:MINOKYU CO.LTD

IMG_0521.jpg
各社使用のからし。上からセブンイレブン、ローソン、セーブオンファミリーマート、サークルK。尚、セブンイレブンは店舗によりみそおでんようのたれが付属する場合がある。

総評:出汁はセブンイレブン、ローソン、サークルKは抜きんでて旨い。しかしながら、店舗によって鍋の中の具材で味のパラメータも変わるかもしれない。また野菜などの個体差や使用部分によって味が異なるのではないとかと思われた。容器に関しても、セーブオン以外はふた容器がクリア、その他は曇り加工が施されている。確証はないがこれに関しては、曇り加工が水蒸気を想起させ、如何にも熱々のおでんを演出しているかのように思われた。(またセーブオンの上蓋がクリアである事により中身の確認が容易であることもメリットとして挙げて良いだろう) 満足度はほぼ値段に依存するが、サークルKのおでん70円均一は満足度から考えるとコストパフォーマンスが高いかもしれない。

コンビニ各社、おでんの市場を非常に大きく捉えており、各社の工夫や味付けが異なり、独自色を出している。今回の経験を通じて、それらの工夫はコンビニ各社のおでん市場の熱さそのものであるかのように思われた。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。