ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Changeling.jpg

なかなか面白かった。

時々思うのは。映画でも、写真でも、音楽でも、料理でも。主旋律と副旋律が上手くいっていると、心に残る。この映画だと、母親の息子への愛、警察権力の暴走か。主旋律と副旋律が上手くいっている上で、映画なら演技、写真ならレンズ、音楽なら音質、料理なら素材。そういうのが揃っていると、さらに心に響くと思う。

クリント・イーストウッド監督映画は、僕が見た限りではハズレが少ないように感じる。主旋律は母親の愛であり、それと拮抗する形での警察権力の暴走。二つは拮抗する形だけれど見事にミックスされている。素材も良い。アンジョリーナ・ジョリーは母親の愛情という役柄を見事に演じている。日常の息子への穏やかな優しさ、冷静を装った怒りや、時に火山のように爆発した怒り。

素材の良さもさることながら、指揮を執る映画の題材も良いように思える。母親の愛という極普遍的な題材であることも、理解や感情移入をしやすい。母親からの愛情のというのは、母親でなくともこの世に生を受けた以上、みな受けるモノだしね。

っつーわけで、イーストウッド出演ズッキュンバッキュン系はともかくとして、社会派っぺー監督作品は大好きな俺的評価は☆☆☆☆★の☆四つ。良い映画だった。

========あらすじ======
1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。
========あらすじ======
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。