ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2015/12/05 (Sat) takecom's mix 38
2015/06/11 (Thu) takecom's mix 34
2015/03/09 (Mon) takecom's mix 32
2013/11/13 (Wed) 筋トレしてる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


_DSC0705.jpg

告白すると。
僕の今までで一番大きかった挫折感。それは今でも思う。高校生時代に辞めたバスケ部だ。当時、二年生の時には上級生に混じってプレーさせて貰ったりする事があったのに、ベンチに入れなくなった事があったり。キャプテンとの折り合いが悪かったのも有った。夏は暑い中を巻高校~間手橋~山まで走り、そこから筋トレ。アホかと思うような練習をずっと続けていた。バスケ部は初めは50人ほど居るけれど、二年から三年になるに従って数が少なくなる。

その頃、僕は友人が理学療法士になると言うのを聞いて、僕も興味を持つ。父母の職場は病院。ツテで職場を見学させて貰った。面白そうだ。今思うとおかしいけれど、打たせ湯が有ったり、妙なプールがあったり。僕は何故か神秘的に感じた。病院の中にもこんなスペースがあるのか、と。

その後、必死で勉強した。親父は公立でなかったら、学校には行かせないという。新潟では多い思想だ。公立至上主義。まぁ、それも頷ける。支払う金額が随分と安くて。僕が公立に合格したら、車を買って貰うという約束を取り付けた。邪な考えだけど、こういう約束は効く。上手くいけば、僕は車、親父は安い授業代って事だ。

高校三年生になるかどうか、ってころ。僕は必死で練習していたバスケットを辞めた。辞めた分、勉強の時間が出来た。医療系の勉強って、クセがあったけれど、くせ者の僕には丁度良い。彼女も出来た。まぁ、男女の交際つっても受験生。受験合格って目標の同士、みたいな感じでさ。デートは図書館とかばっかり。でも、同じ目標をもって頑張ってるってだけで嬉しくて、何か凄い事をした!って自負は全くないけれど、楽しかった。

何故か、バスケットを辞めてからみんな上手くいった。学業やら恋愛やら。僕がバスケ部に拘っていたのは、なんだったんだろう。不思議だった。今思えば、僕は自分で暗示に掛けていたのかもしれない。頑張れば報われるとか、努力は嘘をつかないって事だけを信じていた。正直な所、この頃まで神様を信じていた。でも、その後気付いた。我慢とか努力ってのは、必要なベクトルがあって。必要な方向へのベクトルは報われるけれど、有る程度頑張ったら、引き際も大事な事もあるのだ、と。

子供の頃は、努力とか頑張れば報われるとか。気が付かないうちにすり込まれる。だけど、神様なんて居ない。この世に生まれ落ちた僕には、バスケットのセンスがなかった。ただ、それだけ。でも時々バスケットに感謝している。気が付かせてくれて、ありがとう、ってね。だから今でも好きだ。打ち込みすぎない程度とか、仕事の仲間とやるバスケ。未だに面白いけど、僕にはセンスがないのだ。

挫折感ってのは、多分人間に必要な感覚。きっとこれがないとズルズル行ってしまう。僕はバスケットを辞めてから、大袈裟だけど、少し幸せの本質に触れた気がしている。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 takecom's blog タケコムズ ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。